カードゲーム

長かった夏休みも終わり、2学期が始まっています。

コロナ感染の厳しい中で色々と心配なところですが、「ただいまー」と学校から帰ってくるお子さん達の笑顔に元気を貰えます。

 

そんな中、小学生のAくんは登所してすぐに「UNO やろう!」とお友達と職員に声を掛けに行きました。Aくんの最近のマイブームは、UNOです。

今日もAくんを含めお子さん4人と私とでUNOをして遊びました。車座になってカードを囲み、それぞれが真剣な表情で手持ちのカードを出し合います。

 

メンバーの中で一番年下のBくんは、まだルールがあやふやでカードを出すのに時間がかかってしまいます。そんな時に他のお子さん達は「はやく!」「まだー」とは、言いません。ゆっくりと待ってあげています。

また、Bくんが「よし、これだ!」と出したカードが違っていた時には、「それは出せないよ」と優しく言ってBくんの持ち札を一緒に確認して「これとこれなら、出せるよ」と教えている姿が見られました。

 

相手のペースを待ってあげる事はなかなか出来ない事でもあると思います。

 

カードゲームを通し他の人に気を配れる優しさが育っていると感じました。このような些細な事でもお子さん1人1人の良さを、お子さん達との関わりを通して発見していきたいです。