お子さんの成長

梅雨の時期になりじめじめした日が続いて嫌になって憂鬱になりそうです。

以前は運動会と言えば秋にやるものだと思ってましたが この頃は6月にやる学校が増えてきています。

運動会の前は沢山走って練習をするのでこどもプラスに着く頃には疲れて登所するのでお子さんもいらっしゃいます。大丈夫かなぁと様子を注意深く見ています。

疲れていてもお子さん達は、運動遊びの時間になるととても元気で運動しています。

この間、あるお子さんは、下校時刻がいつもと違い 急に 早くなり学校で待っていることができず どこに行ったのか分からずお母さんと心配していました。

そんなとき本人が通学路ではないところを歩いてこどもプラスに来たのでとても驚きました。何もなく無事に来れて安心しましたが、周囲の者がどれほど心配したか本人は分かっていませんでした。

下校時刻が 急に早くなり迎えの先生がいないときにはどうすればいいか教えていなかった為今回のようなことが起きてしまいました。

 

今後、先生がいない時はどうしたらいいのか教え練習をしました。これを 機会に対応方法を一つずつ学び、成長してもらいたいです。

 

進級進学したお子さん達はもうすぐ二ヶ月が経とうとしていますが少しずつ変化が起きたいます。

前は あまりお友達と話せなかったり積極的ではなかったA君ですが この頃では お友達と楽しそうに話したり積極的に接したりしてずいぶん変わったような気がします。

A君は、引っ越しで少し遠い所に住んでいてこどもプラスまでくるのが大変ですが

お友達に会いたくて毎週きてくれています。

一番の仲良しB君A君が来てくれてとても嬉しそうでした。

今後は このような関係が続けばいいかなと思います。

そして、思春期の親離れの時期を友達と支え合って乗り越えていってほしいと願っています。

 

これからも、いろいろな問題が起こると思いますが 一つ一つクリアしてお子さんが社会に出た時に安心して過ごせればいいかなと思っています。