新しいおもちゃ

最近事業所では先端がゴムになっているスポンジの弾を打つ銃、NURF(ナーフ)というものを購入したのですがお子さん達にとても好評で毎回遊んでいる姿を見かけます。

 

今事業所には3種類くらいのナーフがあり、お子さんたち同士で的当てをして楽しんだり

ごっこ遊びに使って役に入り込むような小道具のひとつになっています。

 

1人ずつ持って遊べるほど数もないのでお子さんたちで話し合い、弾を打ち切ったら交代にしたり、時間で交代にしたりと工夫をしながら楽しんでいます。

 

なかでも、Aくんは銃などにとても興味のあるお子さんでナーフを初めて購入したときもすぐさま「なにこれ!」と興味を示し、銃の構造がどうなっているのかなど細部まで確認して楽しんでいました。Aくんは他のお子さんと集団で遊ぶというよりは1人で遊ぶことのほうが好きなお子さんなのですが他のお子さんがナーフで遊んでいると「貸して」と言って的当てに参加したり、あまりナーフに詳しくないお子さんに「ここはこうなんだよ」と教えてあげている姿がありました。

 

ナーフという興味があるものについて話せるお友達やお子さんたちがいることで、そのお子さんの人間関係や世界が広がっていくのかなと思いました。