今できる支援をしていく

一年生になったお子さんはもうすぐ一か月が過ぎようとしています。

まだ、分からないことがありなれるのは大変だと思いますが段々と慣れて学校生活が楽しく過ごせればいいと思います。

こどもプラスには一年生になるお子さんが二人と新しくお子さんが二人入りましたので

とても賑やかになりました。

 

先日の職員研修ではこの四人のお子さんについてどのように支援していくか話し合いが行われました。

支援することがたくさんあり今後接するには難しい所がありますが一つ一つ支援目標をクリアできたらいいと思います。

他のお子さんとも話すことができたり仲良く遊べるようになったりするには時間がかかるかもしれませんが長い目で見守りたいと思います。

進級したお子さんは自分が上に(先輩)なったという自覚があり去年はあまりやらなかったことを今年積極的にやっていてすごいと思っています。

 

こどもプラスの連休の予定では 焼きパーティーを行うはずでしたが コロナウイルス蔓延防止の為他の活動することになりました。

とても楽しみにしていたので残念です。

 

この先もできないことがありそうですが、今できることを精一杯楽しめるよう考えていきます。