スポーツを通して

ピンポン ピンポンと こどもプラスの2階から、楽しい音が聞こえてきます。この度こどもプラスに1セット卓球台が来ました。

さっそく私とAさんとで卓球をして遊びました。Aさんとの ラリーが続き、「Aちゃん すごいね  私 びっくりした 」と声を掛けると「そうかなぁ ありがとう」と言って 得意気な笑顔を見せてくれました。Aさんの新たな、特技を発見する事が出来ました。

 

今度は 高校生のBさんと卓球をしました。最初はサーブが入らなかったBさん。何度かサーブにチャレンジするなかで「バトミントン 出来るようになったから」と小さく呟いた声が聞こえました。

以前 Bさんがバトミントンを行った時に、最初は続かなかったラリーも 練習を続けていくうちに、最後には約10往復も続くようになり 「すごい うまくなったね」と職員達から誉められていた事がありました。Bさんはその経験を思い出し、「やれば 出来る」と思いながら サーブを繰り返していたのではないかと、私は思いました。

Aさんの あきらめない姿にAさんの良さを感じました。

 

 

今回 一緒に卓球を行う中でスポーツや遊びなどの活動を通して、お子さん達の新たな特技や良さが見えてくると改めて感じました。又、そういった活動がお子さん達の自信に繋がっていくと良いと思いました。