一緒に成長

寒い日が続いていますが,子供たちは毎日元気に「たたいま~」と帰ってきます。

手洗い、うがい、検温をして連絡帳を提出した後は、それぞれ宿題や自由遊び、おやつを食べたりしながら、みんなの活動「全体の運動遊び」までの時間を過ごします。

 

黙々とパソコン検索をしているA君。

「ねえねえ、これどうやるの?」と職員に宿題のやり方を質問しているBさん。

次々に「ただいま~」と帰ってくるお子さん達。「おかえり」「手洗いは~」「連絡帳ください」

「せんせい ちょっときて~」「検温するよ~」「A先生いる~?」人の動きも声もとてもにぎやかです。

 

 その中で,大切な自由遊びの時間を確保するために「ねえ、あと何分遊べる?」と言いながらも集中して宿題に取り組んでいるC君。D君。

すごいね。与えられた環境(それは、精一杯の工夫と配慮がなされているけれど)で、自分の課題に向き合う力をつけているんだね。

気がつくと、さっき帰ってきたE君もFさんも場所を見つけて黙々と課題に取り組んでいます。

 

少し先を歩いているお兄さんやお姉さん(先輩)が成長すると,後輩も一緒に成長するんですね。

 

穏やかな冬の一日の一場面でした。