クリスマスリース作り

 しばらく小春日和が続いた週末、親子イベントで「リース作り」をしました。講師の先生に教わりながらクリスマスリースに挑戦です。

 

 

 講師の先生に「よろしくおねがいします」のあいさつをしてから、作り方手順の説明を聞きます。材料を配って頂いたらいよいよリース作りスタートです。

 

 まず最初はリースに毛糸を巻いて行く作業からです。普段こどもプラスでは大きく体を動かす活動が好きなAさんが、ていねいにきちんと毛糸を巻いています。指先の器用さ細やかさは嬉しい新しい発見です。

B君は

お母さんとお姉さんと一緒の参加です。ちょっと対人関係が難しく、とげとげの栗のようになることもあるB君ですが今日は満面の笑顔です。さすがのセンスの良さを遺憾なく発揮しています。

C君は材料の毛糸をすべて巻き終えると、お母さんから頂いてきたパステルカラーの毛糸をその上から「ひっぱて~ひっぱって~」とかけ声をかけながら巻き付けています。どうやら自分だけの作品作りに夢中のようです。

 

 次に飾りの木の実や綿の花を束ねてリースに飾り付けていきます。細いワイヤーを小さなペンチでひねって束ねるのでちょっと細かい手先の作業が必要です。「あれっ?こっちに回すのかな」「違うよ反対だよ」ああだこうだにぎやかです。

D君は、友達が拾ってきた紅葉の葉っぱを付けようとしています。でも紅葉の葉っぱはそーと扱わないと粉々になってしまいます。一回目は失敗、二回目、そーとそっと息を殺して成功。リースにきれいな紅葉の飾りが付きました。自分だけのオリジナルリースの完成です。

 

 最後に自分の作ったリースを持って記念撮影。苦労したぶんだけ、工夫したぶんだけ、達成感のリースを胸に抱えて今日のリース作りは終了しました。