避難訓練2

先日は1週間秋の避難訓練を行いました。

職員研修でも避難訓練の一環として消火訓練と通報訓練を行いました。

通報訓練は昨年も行っていましたが今年も職員が通報しなければならない場面でどのようなことをしてどのようなことを報告、お伝えした方が良いのか、と言うことを事前に知っておく良い機会となりました。また消火訓練でも消火器の場所や消火器の使い方を確認することができました。

お子さんたちには毎年、年に2回春と秋に避難訓練を実施しています。

子供+に通うお子さんの中には予定にないことが起きたときに予定の変更が難しいお子さんがたくさんいらっしゃいます。事前に予定の変更等あるときは伝えるようにしていますが、急な災害や事故に見舞われた場合どのように動いたらいいのかと言うことを知っておき突然のことであっても「呼吸をするように避難できる」ように繰り返し訓練を行っています。

避難経路は職員が前後2名で全員を連れて歩くことがスムーズにできるようになってきました。

避難をするにあたって警報が鳴ってから事業所を出るまでにかかる所要時間もだいぶ早くなりました。

本来避難する信州大学には毎回入らずその近くのコンビニでご褒美を買って帰ってきています。お子さんたちは避難訓練よりもそのコンビニでのお買い物を毎回楽しみに参加しています。

 

訓練ではありますが実際にお子さんたちの様子や避難する動向を見るとまだまだこんな時はどうしたらいいんだろうとかこういうことを想定してこのような準備物が必要とかその都度職員間でも意見を出し合い必要なものやその時々のお子さんの様子に合わせて毎年確認ができるようにしています。

安心、安全にお預かりできるように今後も避難訓練を実施していきたいです。