体力とコミュニケーションの向上

新型コロナウィルスの影響により、こどもプラスでの運動の時間は密を避け外で運動を行っています。

近くの史跡公園で、ストレッチやおにごっこなどをしています。

おにごっこやケイドロなどで、「先生達を追いかける、捕まえる」というルールになったとき、お子さん達は「お友達と協力して捕まえる、先生達を捕まえるために速く走る」等々、色々な考えを巡らせて作戦をたててスタートすることが多くなりました。

a
君とbさんは作戦立案者になることが多く、
スタート前に「◯◯先生を挟み撃ちしよう」とか

走っている途中でも作戦会議を手短にこそこそ行い、あの手この手で捕まえに来ています。

お子さん達のコミュニケーション等が自然に多くなっているように思いました。

また、走るスピードも段々と速くなってきており、先生達が逃げるのも本気になって逃げています。
◯◯君は早く走れるようになってきたから先生は本気で逃げていいかい?」とお話をすると、「いいよー、絶対に捕まえるから。」と話してくれるお子さんも多くなってきました。

お子さん達一人一人の体力の向上が最近目覚ましくみていて嬉しくなります。運動の時間になると、お子さん達のウキウキした笑顔が多くみられます。

新型コロナウィルスはまだまだ油断できない状況が続いていますが、しっかりとした体力作りでウイルスに負けない身体を作れているような様子を毎日みさせていただいています。