元気なお子さん達

「先生〜みて!」と、登所するとすぐにみてほしいことがあると訴えてきたA君。

「何をみてもらいたいの?」と聞くと、

「お箸だよ。お箸もてるようになったよ」と

答えてくれました。

 

お箸の持ち方や鉛筆の持ち方が課題であったA君は努力家でそれぞれの指の動きを鍛える為に、指相撲や親指、人差し指、中指で物をつまむこと小指や薬指はグーのように握って置くことなど僅かな時間ではありますが継続して行ってきました。

 

お家でも取り組んでいますので、「できた!」ことをこどもプラスでも披露したかったのだと思います。

早速、トレーニング用のお箸と摘むスポンジ類を出してあげると「ほら!みて!」と摘んで見せてくれました。

 

お箸とお箸の間に中指を入れて正しい持ち方でスポンジを摘んでいました。

「やったね!頑張ったね!」とA君と喜びました。

 

コロナ感染症拡大を防ぐことなどで暗い話題が続いていますが、お子さん達のはつらつとした声や笑い声で元気をもらえます。

 

「みて!」「できたよ!」と発するお子さん達の声を聞き逃さず対応していきたいと思います。