体育館での活動

あいにくの雨になってしまった土曜日。
今日は学校の体育館をお借りしての自由遊びです。

バスケット、バトミントン、ドッジボール等々、お子さん達はそれぞれにやりたいことを見つけてお友達と遊んでいました。

A
君は大好きなバレーボールができない気持ちを抑える理由を「俺はバレーボールを忘れたいからバレーボール以外をやりたい。」と話してくれました。
A
君の提案により、中学生以上のお子さん達は「本気のドッジボール」をやりました。

B
君はバスケットボールが大好きです。
ドッジボールの次にバスケットボールをやると、A君のテクニックに一緒にやっていたみんなが「すげー」と、いっている場面が多くみられました。

体育館に着いた時は「三時間もなにやるのー?」
と、いっていたお子さん達でしたが、終わりの時間が来てみると汗をびっしょりかいて今日の楽しかった報告をしてきてくれました。
「まだやりたりない」という言葉もでるほどでした。

しっかりと体を動かしたいと思うお子さん達にとっては今の状態はとても辛いものになっていることをひしひしと感じます。

短い時間ではありますが、「プラスにきて運動できてよかった」と話してくれるお子さんたちも沢山います。

大人だけではなく、お子さん達も
「1日も早く普段の生活に戻りたい」
と思っていることをとても感じました。