学校休業日への対応

新型コロナウィルスによって長かった春休みも一段落入学式も無事終えることができました。進級進学を喜んだのも束の間、再び学校が休校となりました。

 

こどもプラス上田事業所に通うお子さんたちは東御市と上田市にお住いのお子さんです。

これまで学校休業は夏休みでも1ヵ月ほどでしたが今回の春休みは今までこどもプラスを開所してから1番長い学校休業となりました。

3月までは国や市の方針で放課後等デイサービスの利用にあたって、特別措置として学校休業の扱いで午前中から利用できるよう出来るだけ受け入れるようにとの通達があり、こどもプラスでは午前中からサービスを提供してきました。

いよいよ上田市でもコロナウィルスが発症した件を受け小学校はもちろんのこと、保育園、幼稚園でも自宅保育をと、自粛を行う中、このお休みでなかなか気持ちを晴らせないお子さんたちに少しでも気分転換をしてもらえる場を作るため今週は午後1時から4時までという短時間ですが開所を決定しました。

 

今後の状況によっては変更も検討していますが開所にあたっては安心安全にお子さんたちをお預かりできるように、引き続きアルコール消毒、換気、検温を行い、3つの密を避けるような環境にするため、お弁当や飲み物等の飲食物の提供や機会をなくすことにしました。

 

お子さん達は一見穏やかに過ごしていますがストレスを思いっきり発散できる場が少なくなっており、家庭では兄弟喧嘩が起きやすかったり、一緒にいる家族に苛立ったりしてしまうという話も聞きます。こどもプラスに来るときは少人数で短時間でも公園など発散できる場を探して出かけるようにしています。

 

こどもプラスとして出来る支援を柔軟に考え、対応していきたいと思います。