こどもプラスの春

三月で退職する職員やこどもプラスを卒業するお子さん達が数名います。

 

こどもプラスを卒業するお子さんの一人はこどもプラスできた頃から通っていました。

長い間利用されていたので顔見知りのお子さんも多く慕われていてお兄さんみたいな存在になっていました。

そんなお兄さんがいなくなったらとても寂しくしばらくは気がぬけたような感じになるかもしれません。

 

職員の一人は 開所したころからずっといる方でお子さん達のことをよくわかっていてくれたのでとても寂しいです。

お子さんの勉強や運動を一緒になってしっかりとやってくてた職員もいましたので本当に残念です。

 

 

四月になりそれぞれ進級・進学し、今までのようにやっていけるかちょっと心配していますが、お子さん達と一緒に元気に活動していきます。