逃走中

昨年初めて企画、運営した「逃走中」ですが、

今年もやりたいというお子さん達の意見が多かった為、昨年同様に春休みに実行しました。

 

2チームに分かれ、逃走者とハンターの両方を体験できるようにしました。

 

今回は、2チームだった為、1チームの人数も多く、ハンター役の時は、捕まえる事ができとても満足そうなお子さん達でした。

チーム内で作戦時間を設け仲間と協力し合い、捕まえあう姿もたくさんみられました。

 

また、逃走者役では、色々な作戦で逃げ切ろうとする姿がありました。

とにかく、隠れ続けようと茂みや木の影にじっとするお子さんや、ハンターに追いかけられて捕まらないように走り去るお子さんや捕まって牢屋に入っても、今度こそと再び強気な姿勢で立ち向かうお子さんなど、どのお子さんも本気で取り組んでいました。

 

また、職員も、若い先生を始めとし男性職員が本気モードで走って逃げたり、追いかけたり、捕まったり、捕まえたりしていましたので、

高学年以上のお子さん達は、とてもスリルがあって楽しかったようでした。

 

この世の中の事態で、気持ちが落ち込んだり、生活に張りがなくなってしまったり、運動不足になりがちなお子さん達でしたが、このタイミングで逃走中ができたことはとてもよかったと思いました。

 

お子さん達の「もう1回やりたい!」という元気でハツラツとした笑顔が忘れられません。

 

 

今後も、どのような事態が待ち受けているのか分かりませんができる範囲の活動を続けていきます。