卒所4

日々のニュースでは、新型肺炎コロナウイルスのニュースが必ず報じられています。私は、いや世界中の人たちも今日のような状況を想像もしなかったのでは無いでしょうか?姿の見えない敵と地球上の人類とが、正に戦闘中です。いつまで続くのか今のところ先が見えない状況の中、こどもプラスでは恐怖と不安を感じながらも、うがい・手洗い・マスク着用・検温で予防を実行し子ども達を守ると同時に私達も自己管理をしています。

 


 この状況下、学校休業となりお子さん達も大きな影響を受けています。こどもプラスでは1日受け入れで対応しています。そんな中、チョッピリ寂しいお別れ会が行われました。MU君はこどもプラス開所時から利用していた一番のお兄さんで、みんなに好かれるムードメーカー。

私とは2年6ヶ月程の関わりでしたが、モデルガンやゲームの話や時には大人(彼女)の会話を照れながら話したことがありました。

送別会の日、茶道の心得があるM君が点ててくれたお茶に参加したお子さんたちが並んで頂く場面もあり、最後までM君にホッとする光景を見させてもらいました。


 いつもニコニコと笑顔が素敵なSN君は、絵を描くことやボール(特にバスケットボール)が大好きです。こどもプラスの自由遊び時間には汗をかくほどシュートを繰り返したり、時には跳び箱や鉄棒、バランスボール等々をセットして筋力トレーニングを黙々とやっていました。静かな時間を過ごしたい時はパソコンでおかあさんといっしょの画像を見ては満足気な顔をしていましたね。こどもプラスに来ない日にお母さんの携帯から無断?で電話をするいたずらもありました。

私達の声を聞きたい思ってくれるなんて嬉しかったですよ。


 MIさんは、こどもプラスに来るといつも役割があります。毎日お子さんたちが食べるおやつの管理をしてくれています。在庫が無くなると職員と一緒に買い物に行き○○ちゃんが好きだからと、皆の事を気遣う優しさがあったリ不足分を補充するなど責任感も強いMさんでした。

 

キング&プリンスなどのジャニーズが大好きでメンバー全員の誕生日を始め色々な事を知っていてビックリです。
 MU君、SN君、MIさん、3人とも4月からそれぞれ別の道を歩き始めることになりますが、自分の心身を大切にしながら新しい生活に挑戦し頑張ってくれることを願っています。
立ち止まってもいい転んでもいい今は前を向いて歩け