A君の工作

こどもプラスご利用のお子さんの中には工作が好きなお子さんも多いです。

Aくんは生き物や鳥がとても大好きです。飛行機や電車、車も好きで好きなものに関してははとても詳しいです。好きな物の好みが似ているためかAくんは低学年のお子さんにとても人気です。そんなAくんが最近ハマっているのは折り紙や裏紙を使っての工作です。お休みに入ってから通所するときにAくんは毎回ビニール袋いっぱいに自分で作った工作を持ってきます。

基本的にはおうちからおもちゃの持ち込みは禁止なのですが、自分で作った工作と言うことで許可しています。

Aくんの作ってきた工作は主に戦闘機や飛行機など自分で紙を丸めたものを形にして作り、外装は手書きされて、手に持ちやすいサイズになっています。

Aくんがその飛行機で遊ぶと他のお子さんもほかのビニール袋に入っている飛行機たちを見て貸してと言っては借りていきます。大切な手作りのおもちゃですが低学年に貸してくれる優しいAさんです。普段お友達と関わりをあまり持たない2年生のBくんもAくんがとても大好きなようです。BくんはAくんが作った飛行機を借りて遊ぶ姿がとても楽しそうです。最近は自由遊び以外の時間もAくんにべったりなBくんです。CくんはAくんの飛行機をとても気に入りAくんに「飛行機僕にも作ってくれないかなぁ。」とお願いしていました。Aくんは「うん。考えておくよ。」とむげに断ることをせず答えてくれました。すぐに欲しかったCくんはその後Aくんの飛行機をお手本にして同じような飛行機を作り持ち帰りました。

 

Aくんは小学校6年生で4月から中学生になります。低学年のお子さん達と関わって遊ぶ機会が持てていたのですが中学生になると遊ぶ機会も減ってしまうことがとても残念です。しかしAくんはこの春お留守番の練習をする予定です。こどもプラスで送って行った日は家の鍵を開けて1人で入り、鍵をかけて待つ練習をしようとしています。

 

学校がお休みの日など他のお子さん達と遊ぶ機会を作り、Aくんのステップアップにつながるような支援をしていきたいと思います。