児童発達支援

 

 2年ぶりに児童発達支援でお子さんが入ってきました。

年長さんのお子さんですが入学までのわずかな期間で出来る限り基礎感覚についてのトレーニングをするために運動療育を行うことを中心に絞りこどもプラスに入りました。

これまでこどもプラスの児童発達支援は保育園や幼稚園との併用でのご利用はなかったので、園からの通所は初めてとなります。

 

最初に見学に来た時には眼球を意図的に動かすことが少し大変そうでこどもプラスで行っているバランスボールやトランポリンをおうちでも取り入れてもらうようになりました。

こどもプラスご利用は保育園からお預かりしてお母さんのお迎えの時間までの3時間ほどの時間ですが週に2回少しずつトレーニングをしています。

物知りなお子さんで質問をすると色々と考えて返してくれるのもかわいらしいです。一見してしっかり者のAくんですが、眼球の動きや手先指先の不器用さはあるようです。

 

来る曜日によってはAくんの好きな車に興味があるお子さんも多いので少しずつ自由遊びの中でお兄さんたちと遊び、コミュニケーションをとったり、ペーパークラフトで車を作ったり指先を動かすような活動も取り入れながらバランスボール、回転椅子、トランポリン、ブランコ、ハンモック、教養運動など飽きないように楽しく組み込んでいければと思います。

4月からの学校生活に少しでもスムーズに移行できるようお手伝いできたらと思います。