お別れ会

先日こどもプラスをお辞めになる職員の子供さん達によるお別れ会をしました。退職されるK先生は開所してまもなくから約5年ほど勤務してくださっていた職員です。

お別れ会といっても簡単なものですがお子さんたちには1週間K先生とのお別れ会として運動の時間を使ってK先生へお手紙を渡して貰いました。K先生へのお手紙の内容を見せてもらうと

「優しくしてくれてありがとう。」

「遊んでくれてありがとう。」

「思い出がたくさんだね。」

と、温かい言葉がたくさんありました。それはK先生がお子さんたちにいつも温かく優しく支援をしてくださっていたからだと思いました。またお別れ会の中ではK先生がお子さん一人ひとりに手作りのキーホルダーを作って渡してくださっていました。一人一人との思い出を噛み締めながら作ってくださっていたのでしょう。K先生の優しさがそんなところからも伝わりました。

こどもプラスをお辞めになる職員の方々には勤務してくださっていた長さにかかわらずお別れ会をするようにしています。

それはお子さんたち一人一人にとってしっかりと職員とお別れをして気持ちの整理をつけるための会でもあります。

お子さんたちの中にはお手紙を書かずそのままその場で自分の気持ちを言うことができるお子さんたちもいました。それは本当に今思っている自分の言葉を伝えとても素敵な言葉で思わず職員も涙しそうになる場面でもありました。

K先生の新たな門出をお祝いしながら私もK先生のように日ごろからお子さんたちに温かく優しい言葉で支援をしていきたいと思いました。