新たな挑戦(放課後等デイサービス)

長い夏休みが終わり、長い二学期が始まりました。お子さん達はどうだったかな

 

沢山の宿題や自由研究、ラジオ体操、プールそして遊びとスケジュールを毎日こなすことができたようですね

 

こどもプラスでも夏休みを楽しく過す手伝いをすべく、色々なイベントを用意し楽しい思いで作りをすることが出来たと思います。 

 

   

 

 

 

さて、今回は新しいことにこども達の挑戦が始まった報告です。 

 

第26回上田ロボコン大会、スカベンジャーに参加することになり土曜日利用メンバーの中から希望のお子さん7名がチャレンジャーとなり申し込みました。

 

内容は、ロボット製作講習会が8月31日・9月14日・9月28日・10月12日の4日間何れも土曜日です。

 

大会は10月26日()となっています。初めてのロボット製作講習会参加に期待と不安の中、会場に一番で入りました。

 

各自、名前を言い受付を済ませ席に付き開会を待ちました。

 

後から親子連れが続々と来ます。(参加者50名超)中には立派な工具箱を持ったお子さんも沢山居ます。

 

ロボコンとはどんなものか説明を聞き、ロボット操作を見たりしてから、自分専用の基本キットを受け取り、さあ、挑戦が始まりました

 

 

 

ドライバーセットにニッパ、ラジオペンチと工具も用意万端!!

 

製作マニュアルを見ながらギアボックスから作ります。こども6人と職員3人+実行委員2名の応援を頂き製作開始です

 

細かい部品を組み合わせていく作業にみんな集中していました。部品を落としたり探したり、分からなくてSOSを出したり自分のペースで頑張っている姿は生き生きと見えたくましく感じました。

 

途中休憩に主催者から配られたジュースに目もくれず作り続ける子、トイレに立っただけで、殆ど自席で作り続ける子、楽しい時間が過ぎるのは早く第1回の講習会も終了の時間になり、「ええ~もう終わり」の声も聞こえるなか片付けをしました。

 

ロボコンとは何かを知り自分専用のロボットを作る喜びが味わえた一日と成りました。

 

 

 

好きな事へのお子さん達の集中力のものすごさに圧倒されました。

 

 

 

完成まで後、3回みんなで最後まで頑張ります