夏休み中の様子(放課後等デイサービ)

小学3年生のAさんは大勢の人がいる所が苦手で、事業所ではいつも特定の職員やお友達と過ごしています。

 A
さんは虫取りが大好きなお子さんです。

そんなAさんと同じく虫取が大好きな小学6年生のBくんは、虫博士と言われる位虫に詳しく、またとても優しいお子さんです。

 
今年の春休みに東御中央公園に遊びに行った時に、虫取りが好きという共通の趣味をもつBさんとならAさんも関わりやすいのではないかという想いから一緒に虫探しをする場面を意図的につくりました。

 

また、B君の早下校の虫捕りに夢中な姿を追いかけてついていったAさんの姿をまのあたりにすることもありました。そして、夏休みに入りました。

少しの時間でしたが、Aさんは嫌がる素振りもなく虫探しを一緒にする事ができました。

この夏休みも毎年恒例の霊泉寺に行く機会がありました。

A
さんには納得して取り組めるように、いつ、どこで、誰と何をしたいかを事前に確認してスケジュールをたてています。


 A
さんは1週間のうち3日事業所を登所していてます。

そのうちの2日間はBくんも同じ登所日です。
2人とも去年の霊泉寺では別行動でしたが虫取りをして過ごしました。

 
春休みにBくんと関わる事もできたし、2人とも虫取りが大好きなので、AさんにBくんと特定の職員1人で虫取りをするのはどうか提案するとAさんも納得をしてくれたので、2日間はBくんと一緒に虫取りをする事に決まりました。

 
後の1日は以前に一緒に遊んだ事もある小学5年生のCさんと中学1年生のDさんと虫取りや川遊び、一緒に昼食を食べる約束をしました。

 B
くんとは霊泉寺に行く道中も一緒でした。
車中は狭い空間で隣どおしだと緊張してしまうので、助手席にBくん、後ろの席にAさんに座ってもいました。

 
車中でも、好きな虫やちょっと苦手な虫などの話をしていました。Bくんも虫の事となると話が尽きなくて色々教えてくれる反面、適度な距離感もあり、Aさんもそんなに緊張する事もなく楽しそうに話をしていました。

霊泉寺に着くと職員1人を含め、AさんBくんで森にクワガタやカブトムシを探しに行きました。

この日は2人で5匹のカブトムシを見つける事ができたのですが、5匹のうちメスが一匹だけでした。AさんもBくんもメスが欲しかったのですが、
一匹しか取れなかったので、BくんにAさんにメスを譲ってくれるか聞くと、

「いいよ!」

とすぐに譲ってくれました。
A
さんはとても嬉しそうにしている姿が印象的でした。

別の日にはCさんとDさんで虫取りや川遊びをして、昼食を一緒に食べました。

 
昼食の時はお弁当のおかずを交換しあったり、帰りの車中では、Aさんの髪の毛をCさんがヘアゴムでアレンジしてあげたり、Dさんの髪の毛をAさんとCさんで三つ編みにしてあげたりして、女子ならではのコミュニケーションやスキンシップがとれていて皆の笑顔と笑い声が聞こえてきて貴重な時間を作る事ができて良かったな~と思いました。

 
またこの夏休みの間だけ新しい職員が加わりました。

新しい職員がAさんに話かけると最初は戸惑っているように見えましたが、何度か話をしているうちに段々Aさんの気持ちも打ち解けてきたようで、Aさんから

「今日は、新しい先生と一緒に虫取りをしたい」

と伝えてきたのでこの日は新しい先生と虫取りをする事になりました。

また新たに違う先生と関わる事が出来たことを

 

嬉しく思いました。


 A
さんはこの夏休みの活動で楽しい反面、疲れもあったと思いますが、特定のお友達と更に距離を縮められたように思いました。

夏休みも後2週間程です。

 
お子さん達は、遊びに夢中になってしまうと体調が悪くても無理をしてしまう所があるので、1人1人の表情を見逃さないように注意を払っていきたいと思います。