流しそうめん(放課後等デイサービス)

夏休みが始まり,今年も夏恒例の流しそうめんを行いました。当日は,そうめんをゆでるグループ,テントやそうめんを流すための竹などを設営するグループ,から揚げなどのおかずを買うグループの3つに分かれて進めていきました。

 

 

 

土曜日の設営グループには,中学生や高学年のお兄さんたちが配属されました。そのお兄さんたちは,登所するなりかばんを置いてきて,すぐに設営の手伝いを始めてくれました。去年も経験している中学生のAくんは,「去年はこうだった」「もっとこうした方がいい」と意見を出しながら手伝ってくれました。そんなAくんを中心にして,設営を進めることができたようです。来年中学生になるBくんは,普段あたふたすることの多いお子さんです。ですが,流しそうめんが終わり,みんなが室内に入って休んでいるなか,最後まで手伝ってくれるという頼もしい姿を見せてくれました。

 

 

 

買い物グループに配属されたCくんはグループの中で一番年下です。ですが,一番活躍してくれたのはCくんでした。スーパーで買い物をするとき,2つあるものを見比べて「こっちの方が安い」と買ってくれていました。普段から買い物の手伝いをしているのでしょうか。進んで買い物をする様子が見られました。このグループでアイスを買うとき,メンバーのDさんを急かす声がありました。そのとき,Cくんは優しくDさんに「ゆっくり選んでいいからね」と声をかける姿がありました。

 

 

 

このように,お子さん達が主体となって進めた流しそうめん。最初は下にそうめんがほとんど流れないほど,たくさん食べていました。お子さんたちはこの行事に満足している様子でした。お子さん達が主体的に取り組む姿や協力して進めていく姿を大切にしながら行事を楽しんでいきたいと思います。