学校休業日2(放課後等デイサービス)

長い夏休みに入りました。

 

今年も恒例の流しそうめんを行う予定です。

 

 

 

昨年同様、竹を取りに行くところからのスタートです。先日、学校休業日に行いました。

 

年齢が上のお子さん達がたくさん集まる土曜日に設定した為、竹を運び出したり、車に積んだりする作業はお子さん達中心にやってくれました。

 

 

 

作業自体はそれほど大変ではありませんが、長い竹の棒を運ぶことは、周囲を気にかけて運ばなければなりません。

 

1番年上のA君が竹を持ち始めると次から次へお子さん達が側により持ち始めました。

 

嬉しくなってはしゃいでしまいがちな作業ですが、A君が「危ない」との声がけにふざけずに竹を運び出したり運んでいる周りに近づかないで見ていることができました。

 

 

 

全員で運び出すほど竹の量は無かったのですが、流しそうめんをするときには竹を取りに行ったお子さん達は、この場面を思い出してくれることでしょう。

 

 

 

大人だけで、すべての準備をしてしまうことの方が危険もなく作業も進みやすいです。

 

しかし、自分達で安全に気をつけて準備をすること、面倒くさいことをしてみることが大切だと考えています。

 

 

 

流しそうめんの日には、茹で係  外のセッティング係  買い物係等に分かれ、各自、役割りを担いながら楽しみたいと思っています。

 

そして、大きいお子さんが小さいお子さん達にやり方を伝え毎年恒例のイベントとしていきます。