夏祭り企画(放課後等デイサービス)

 今年も8月17日(土)に『こどもプラス夏祭り』を行うことになりました。土曜日利用のお子さん達が中心になって話し合いを重ね、どのようなイベントを行うのかを決めて、それぞれができることを進めています。

 

 

 

 2回目ということもありますが、お子さん達が主体的に動いていることに成長を感じました。

 

 

 

 昨年も自分が担当するゲームのポスターを書いてくれたAくんは、今回は祭り全般が分かるポスター作りに立候補をして早速取りかかってくれました。毎週土曜日を利用するお子さんではないのですが、利用日に少しずつ取り組んでいました。以前だと「ここまでやったから、あとは先生が色を塗っておいてよ。」と言うことがあったのですが、今回は色塗りも丁寧に行い、素敵なポスターに仕上がりました。

 

 

 

 最年長のBくんはパソコンの基本操作を他事業所さんでがしっかり身につけたので、招待状作りに立候補して、利用日にはコツコツと招待状作りに取り組んでいました。年下のお友達が招待状作りをしていて困っていると、文字の大きさは読みやすいように少し大きめのフォントサイズにした方が良いとか、作成者の名前はどこに書き入れると良いとか、丁寧に教えてくれました。利用年数が長いだけではなくて、多くのお子さんの憧れのお兄さん的存在のBくんがいてくれると、お子さん達に任せてもきちんと準備が進んでいきます。

 

 

 

 他のお子さん達も自分のやるべき仕事にしっかりと取り組んでいます。

 

 

 

 今年は新しい取り組みとしてフードコート(フランクフルト・かき氷・ジュース類の販売)を行うことになりました。落ち着いて食べていただけるように席(喫茶コーナー)も設ける予定でいます。

 

 

 

 どんな夏祭りになるのか今から楽しみです。

 

 

 

 今回はまだ企画に携わる学年でないお子さん達にも『こどもプラス夏祭り』に足を運んでいただき、『こどもプラスの夏祭り』がどのようなイベントなのかを肌で感じて、楽しい時間を過ごして欲しいと思います。そして、何年か後には企画に携わってみたいという気持ちを持って欲しいと願っています。

 

 

 

皆さんの来所をお待ちしています。