交通安全週間(放課後等デイサービス)

今週から、春の交通安全週間を行っています。昨年同様のコースを安全に1人で歩くことができるか確認しています。

 

 

 

事前に、どこをどのような点に注意して歩くのかを全員でビデオを見ながら確認し、実際に道路にでて行っています。

 

 

 

AB2つのコースがあり、お子さんの歩く様子や安全についての認識度で分けています。

 

昨年の秋の交通安全週間で級をつけました。

 

自分が今、どのレベルなのかと、何を頑張れば級が上がるのか目標を持ってもらうためです。

 

各々の目標が明確化することでどんなところに注意しなければいけないのかお子さん達だけでなく、職員も認識できます。

 

室内活動だけでなく、外出先でのお子さん達にも配慮できます。

 

 

 

日頃、学校へ歩いて通っているお子さん達は、注意する点もよく分かっており、歩き方も上手です。級も1級レベルですので、職員の補助として参加しています。

 

このことは、昨年までにはなかったことです。

 

補助として入ることで、客観的にとらえることもでき、お友達の様子をみて、自分に置き換えるなど更に安全への理解が深まっています。

 

 

 

2回繰り返し行ってきている交通安全週間ですが、全体的にレベルが上がっており、繰り返し行うことへの大切さを感じています。

 

 

 

春は、事故も多い季節です。

 

これからくる10連休での外出時や初めての場所での交通安全に注意し過ごせるよう大切な活動週間として捉えていきたいと思います。