お子さん達の成長(放課後等デイサービス)

改めてご卒業、ご進学おめでとうございます。
皆さんの晴れ姿とても嬉しく思います。
そんな姿を見ているとお子さん達と出会った頃を思い出します。
出会った最初の頃はまだお互いに緊張をして探り探りのコミュニケーションでしたが、少しずつ子ども達は「自分」というものを私に見せてくれるようになりました。
楽しく笑ったり、悔しくて泣いたり、怒りをぶつけてきたり、こちらを試す行動もあったように思います。その度に考える機会をもらっていました。

 

子ども達への支援の入り方もその子に合わせて変わっていきました。A君はなかなか自分ができないということを言えずにイライラしていたのが今では「オレは、○○が苦手なんだよね。」と言え、出来ない時にはお願いすることができるようになりました。B君は感情のコントロールが苦手です。時には口で言うことができずに手が出てしまうことがありました。しかし今はちゃんと嫌ならその場を離れ、友達との距離感をうまく調整できるようになりました。嫌な気持ちを声に出せるようにもなりイライラして爆発する姿も減りました。C君は身だしなみから始まり、友達との関わり方等、周りがどう思うかを通して学びました。今ではどう思う?と聞くだけで身だしなみを正し、また友達との遊びも多くなりました。C君の工作を真似して作るお子さんもいます。Dさんは嫌なものは嫌とはっきりしています。でも1つの仕事を任せるようになると私がやらなきゃと責任を持つようになりその仕事を継続してやってくれています。

 

他にも言葉の使い方を覚えたり、子どもプラスでのルールを守れるようになったり、トレーニングを通して出来ることが増えたりと生活の中で11人のお子さんが課題を持ちそしてその課題をクリアし大人へと成長しているなと実感します。11人が成長をみせてくれ書ききれないほどです。
素直に気持ちをぶつけてきてくれるお子さん達と共に私は学び、支援に入り、お子さん達の成長をみることができとても幸せなことだなと感じます。
この新年度、新境地でワクワクだったり、緊張だったり、不安だったり沢山のことを抱いてるお子さん達が少しでも安心し、また新しい課題をクリアしていけるような支援をしたいです。