逃走中(放課後デイサービス)

30日の土曜日には,逃走中を市民の森で行いました。これも春休みイベントの一つです。この逃走中は中高生を中心とした高学年以上のメンバーが企画をしてくれたもので,テレビで放送されている逃走中を参考にしながら,細かいルールを決めてくれました。その企画を始めてから,運動遊びのなかに少しずつ逃走中らしき活動を取り入れながら慣れ親しんでいきました。

 

 

 

当日の朝,市民の森に集合すると,最初に全体でルールや場所などを確認しました。そこでは,企画をしてくれたお子さんたちが前に立って説明をしてくれました。その後,怪我をしないように入念な準備運動をして,逃走中のイベントが始まりました。決していい天気ではありませんでしたが,お子さんたちの熱気のおかげでしょうか。イベント中は降り出すこともなく,逃走中を行うことができました。

 

 

 

4月から中学生になるAくんも逃走中の参加者の一人でした。普段は全体から1歩引いていることが多いお子さんですが,年齢の近いお友達と全力で走れることが楽しかったようで,逃走中のゲームでは,逃走者を追いかけたり,ハンターから逃げたりと自慢の足を存分に活かしていました。そして,逃走中のゲームの間に設けた休憩時間で改善点があるかを聞くと,「計画したはさみうちはいけないんじゃないか。」などと意見を出してくれました。そこには,1歩引いているAくんではなく,積極的に逃走中に参加するA君の姿を見ることができました。

 

 

 

4月から中学生になるAくん。環境の変化に戸惑うことも多いかと思いますが,今回の逃走中のように,積極的に自分を出していける様子が今後も見られたらと期待しています。それを応援していきたいと思いました。