自主的な行動(放課後等デイサービス)

A君は、4月から6年生になるお子さんです。

 

最近、職員を頼らずに活動することや何人かで遊んでいるお友達の中に自分から入っていく姿がみられます。

 

 

 

先日も、材料が揃うと好きな工作を職員の手を借りることなく始めていました。

 

A君、凄いね〜1人で作っているんだね。」と声をかけると、「1人でできることはやってみようと思って」と逞しい答えが返ってきました。

 

 

 

また、楽しそうにかくれんぼや鬼ごっこをするお友達の声が聞こえると、工作をしていた手を止めて、「やっぱり、僕もやる」と後から追いかけたり、仲間にいれてもらったりしています。

 

 

 

 

 

以前は、どちらかというとインドアなA君で、お友達に誘われてもついて行かず、室内にいたA君でしたがこの所、職員の方で意図的に誘っていたところ、体を使った遊びや外での活動にも積極的に行くようになりました。

 

 

 

 

 

しっぽとりを運動で行った時は、外でも一緒に遊んだりする機会が多くなったお友達とペアにすると、とても、張り切って、しっぽをとりにいくことやしっぽをつけて逃げる体の動きも今までとは違う勝気なA君でした。

 

 

 

 

 

器用なA君ですので、工作などが大好きですが、お家でも1人で部屋の中で過ごすことが多いので、こどもプラスに来た時は、できるだけお友達との関わりや生活に沿った活動を沢山取り入れていきたいと考えています。

 

 

また、身体の動かし方にぎこちなさを感じることや粗大遊具を使った遊びに苦手さがあるようなので、春休みを利用して公園の遊具などで身体を沢山動かしたり、サッカーなどのルールに沿ったスポーツにも触れたりしていきたいと思っています。

 

 

 

A君の成長が今後も積極的に行動できるよう成長に合わせて新しい課題に一緒に取り組んでいきたいと思います。