ビジョントレーニング(放課後等デイサービス)

こどもプラスでは必要なお子さんにビジョントレーニングというものを行なっています。
ビジョントレーニングとは「見る力」を養うトレーニングです。見る力には生活の中の行動で沢山の必要不可欠な要素を含みます。
これを養うことで目から取り込んだ情報を正しく頭で処理したり体の動き、使い方などを学びスムーズに行えるようになります。このトレーニングはなかなか普段の生活、学校生活で意識しながらトレーニングすることはできないかと思います。
こどもプラスに通うお子さんの中にはうまく物を目で追っていけなかったり、より目ができなかったり、バランス感覚が弱いお子さんがいます。そのお子さんと一緒にマンツーマンで行うのですが、取り入れた初めは対象物を目で追うこともできなかったりより目では一番近い部分はうまくできずに片方だけが中心に行ってもう片方は反対の方へ行っていたりとお子さんによってではありますが嫌になって道具を片付けてしまったりと様々でした。毎回の登所に合わせてこのトレーニングを入れ無理強いをせずにお子さんの興味関心、今ある力プラスαを心がけ続けた結果一人一人のお子さんが皆、目の動き、使い方が変わってきていることが確認できるようになりました。それに合わせて体の使い方(体幹等)も変わってきています。
続けることは本当に大事なことだなと実感しています。また、このトレーニングがお子さん達にとっても基本の部分でここがしっかり成長できていないと次につながらないことを感じました。
また言葉の練習も別のお子さんとやっています。誰(人)+名詞+動詞のように例えば〇〇先生〇〇をお願いします。のように一つ一つ分けてラミネートをしてパネルをつくり本人がそのパネルをつくりそれに合わせて喋ります。
最初は初めてのことで嫌がって怒っていた姿もありましたが、今では日常の中の言葉で大きな成長がみられます。
今までできなかった部分がポンッと現れると驚きもありますがとても嬉しく感じます。
1つできるとまた次の課題を見つけそれに取り組み、1つ1つの問題をクリアしていけるといいなと感じます。
こども達の力って本当に素晴らしいなと思います。