こどもプラス夏祭り(放課後等デイサービス)

818日は、こどもプラス上田事業所でこの夏一番のイベント、こどもプラス祭りを行いました。

 

これまで土曜日利用のお子さんを中心に夏祭り実行委員を立ち上げ、販売の商品作りや各担当を決めたイベントのルール決め、景品作り、お店の装飾など、前日まで数回に渡って

 

施策してきました。

 

 今回は初回ということで体験イベントは5ヶ所、スライム作り、ストラックアウト、お宝引き、ゴム銃射的、スーパーボールすくいを企画しました。その他に販売コーナーや、自由体験でシャボン玉とキネティックサンドを体験できるコーナーを用意しました。

 

 

 

 イベント前日は事業所のレイアウトを変えて実際に自分達で各コーナーを体験してみるということも行いました。準備が足りないコーナーは当日にあったらいいものなどを準備し、当日はスムーズに行うことができました。実行委員が目立つように、Tシャツも決めて、皆で着ることにしました。

 

 

 

 夏祭り当日、朝から皆で同じTシャツに着替えました。緊張しているのかみんな落ち着かない様子ではありましたが、いざ始まってみると、声をかけて来てくれたのはこどもプラスを利用のお子さんが多く、学校の先生や、こどもプラス塩田からも数人を連れて職員が着てくれました。こどもプラスをご退職された方にも招待状を出していたので久しぶりにお会いでき、喜ぶ姿も見られました。

 

 祭りの片づけを終え、全員で反省会を行なうと、それぞれの担当コーナーにたくさん人が来てくれた、と満足そうでした。

 

 

 

 自分達で企画してきたことが無事成功に終わって、みんな満足そうで、反省会の後の打ち上げでは手作りパフェを作って食べました。テンションが上がって宴会のようにしてみんなで食後の団欒を楽しみました。

 

 

 

 日頃、支援級などで過ごすお子さんの多くは、自分達が中心になって何か活動に参加していく機会が少ないと思います。今回は実行委員として4年生以上のお子さんに声をかけて参加してもらいましたが、とくに4年生はこれから学校でも委員会などの仕事で学年が上がるにつれ、役割を担って中心に活動していく学年になります。今回の実行委員での成功体験が自信につながって学校でも活躍できる機会を作れたらいいです。