自然との触れ合い(放課後等デイサービス)

夏休みになると、川遊びや虫採りをするのが、ここ数年の恒例行事です。

川遊びチーム、虫採りチームに分かれますが、その日の体調やお子さんのやりたい方を選んでもらいお昼まで活動します。

川遊びチームは、水量が少なく、少し深い所でも冷たすぎずこの猛暑ですのでとても気持ちがいいです。
昨年よりも、今年度は、少し深めの場所まで遊びにくるお子さんが多くなりました。

 虫採りチームは、必ずといっていいほど、カブトムシが採れるので満足度は高いです。
ついつい職員も、童心にもどり夢中になってしまいます。
苦手なお子さんも、なぜか虫採りチームに入り毎回、触りはしないものの最後まで活動を共にしています。

 水遊び好きなお子さんも、虫好きなお子さんにとっても自然豊かなこの環境はとても印象深く、お家に帰って、「川遊び楽しかった!」「カブトムシ採れた!」とお話ししたり、日記に書いたりと夏休みの思い出の一つになっているようです。

普段は室内で運動遊びを行っています。大自然の中の川では浅い所なら苔の生えたツルツルした石の上、ごつごつとした石の上を上流に逆らって歩くことはそれだけでも神経を研ぎ澄ませていないと容易にはできません。五感をフル稼働しての運動です。深いところでは、水に溺れないように、これまた五感をフル稼働し、運動神経を総動員しての活動となります。

何年か繰り返していると、お子さんの成長が良く分かります。

高い木の上にいるカブトムシを捕まえることも同様です。木を蹴ってカブトムシを落としたり、棒を投げて落としたり、虫網をつなげて長くしたり、肩車をしてみたり、、、落ちたカブトムシを素早く目で追ったり、、持てる力を総動員しています。

気温の低下や雨などで水量が増すことがなければもう少し自然を感じながら、川遊び、虫採りを楽しみたいと思います。