手洗い週間(放課後等デイサービス)

 夏休みに入り、暑い日が続いています。先週は手洗い週間というイベントを企画して手洗いを個別に行うことにしました。

 

 上履き洗いと同様に、工程を掲示して、一つ一つのポーズや、手指の動かし方を確認して、外で手洗いを行いました。

 

 手洗いの工程は、「あわあわ手洗いの歌」を参考に行い、手順が分かったお子さんには手洗いの歌をゆっくり歌いながら洗い、次に動画を見て手を洗ってもらうことにしました。

 

 

 

 上履き洗いのときと同様に、この歌に合わせて手洗いをするということには個性が出ることが分かりました。

 

外で事業所内ではなく、外で行ったということで、タイミング悪く、事業所の前を通る車など、気になることがあるとすぐに手が止まってしまうお子さんもいますし、体の動かし方がぎこちなく、歌の間にある、「オオカミのポーズ」で、指先を丸めて爪の間を手のひらにこすり洗うポーズがなかなかとれず、親指や小指が伸びてしまうお子さんもいました。

 

 できなかったお子さんも回数を重ね、できるようになり、全員がほぼ歌に合わせて手を洗うことができるようになりました。

 

 

 

手洗いは幼稚園によっては同じ手洗いの歌を参考に行っている園もあるようで、「これ知っている」というお子さんもいました。普段手を洗う際もなんとなく手のひらだけを洗っていて、手の甲や指の間や、手首のところまで洗うことができているお子さんは少ないのですが、今回の手洗い週間を通して改めて洗い方を確認して、普段からしっかりと手洗いをすることで、感染症や風邪などの流行予防ができるようにしていきたいです。