学校休業日の活動(放課後等デイサービス)

学校休業日に調理活動ピザ作りを希望したA君は
お迎えに行くと元気にリュックを背負って出てきました。

ピザ=マルゲリータ というイメージのA君だったのでマゲリータの写真と作り方を予め提示しておきました。
車内で、具材の話をしていると、「ウインナーやコーンものせる」という事になりスーパーで購入することになりましたが、朝からとても張り切っていてウインナーの側にあったサラミに「やっぱりこれがいい!」と自分の意見をはっきりと、言うA君でした。

強力粉とイースト、水、オリーブオイルを混ぜて生地作りから始めると「うわーベトベト!」といいながらも声は終始弾んでいました。
生地をのばして丸く形を整えると、ピザソースや具材を丁寧にのせて、オーブンの温度や時間の設定の仕方も全て挑戦していました。
時々、具材のつまみ喰いをしながら、計6枚のピザを作ってくれました。
「写真撮った?」と聞いてくるほど、自分が作ったピザに大満足な様子でした。


この日のA君の食欲は言うまでもなく、
ピザだけでなくキュウリを丸かじりするなどよく食べていました。
普段は食が細くおにぎり2個だけのこともあります。

自分でやりたい事を提案し、具材や自分流のマルゲリータを完成させ味わうことができたA君ですが、今回は、お友達と一緒に作る事が出来なかったことが残念そうでした。
一人で活動することは、自分の思い通りにいきストレスは少ないかもしれませんが、お友達と作って食べたらもっと楽しいということが日頃の活動を通して感じているのでしょう。
「今日は、ひとりプラスだ」と言ったA君が印象的でした。

手作りの美味しさを改めて感じたと共に、小集団での活動を今後も大切に進めていきたいと思いました。