皆の笑顔(放課後等デイサービス)

次々に子供達が帰ってきます。

 

「ただいまあ」と、なんとも言えない良い笑顔です。

 

宿題をきちんと済ませると、

 

「今日はどの先生をターゲットに遊ぼうかな?」

 

 

 

「みーつけた!!」

 

殿様が一人います。

 

S君。先生お姫様でいい?」

 

「ダメ!○○ちゃんがお姫様。 先生は腰元。 あと、家来三人連れてきて。」

 

 

 

さて、殿の暴走が始まります。

 

周りの子達を巻き込んでの楽しい遊びの始まりです。

 

サランラップの柔らかい芯でポカリ!

 

「殿、痛とうございます。」

 

バカ殿になりきったS君の楽しそうな顔を見ていると、こちらも幸せを分けてもらっています。

 

S君の周りには自然と友人がよってくるようになりました。

 

 

 

S君は、生まれつき筋力が弱く、身体も細くて小さいので、家では、7歳も年下の弟にやられてばかりです。

 

「悪いことばを覚えてしまうかも・・」ということで、この遊びをしなかったら、今の主体的でいきいきしたS君の姿は出てこなかったと思っています。

 

ごっこ遊びの題材が「バカ殿」ですので、「遊び」と「それ以外の時」のことば使いやふるまいのメリハリには大変気をつかいます。

 

 

 

これからも、お子さんの興味・関心に寄り添いつつ、1対1の世界から1対多勢の世界へ導いていきたいと思っています。