意欲的な気持ち(放課後等デイサービス)

先日ご家庭とのやり取りをする連絡帳に、お子さんの様子でひもの結び方に興味が出てきたと書かれていました。
そこで、少し時間を作って一緒に紐結びをやってみました。

宿題を終えたA君に、
「紐の結び方で知りたい結び方あるの?」と聞くと、
「コブ結びはできるんですが・・蝶々結びが・・」と返事が返ってきました。

そこで、以前、他のお子さんにも使用した、靴紐の練習をする事にしました。
実際の靴に紐が通してあるのですが、わかりやすいように、紐の色をピンクと水色で通してあります。
A君も実際の靴で練習できることに興味とやる気がアップし、「どうやるんですか?」と積極的に聞き、何回も縛っていました。
一人で縛れるようになるにはまだ練習が必要ですが、蝶々結びが完成しては、ほどき、完成しては、ほどき・・と挑戦するA君でした。


現在、小学生が履く靴は、紐のタイプよりも縛らなくてもいいようにマジックで調整できる靴が多いです。
靴についても縛らなくていい環境になっているのでA君にとっても、紐結びの機会が少なかったかと思います。
「もう、紐の靴を履いている人もいるんだよね」
とA君が言っていましたが、見た目もかっこよく、ほどく事ができる便利さも感じたのかもしれません。


今回の紐結びだけでなく、様々なことに興味関心をもち挑戦しようとする意欲的なA君の気持ちを受け止め、支援していきます。