ゴミ拾い週間(放課後等デイサービス)

5月30日のゴミゼロに因んでこどもプラスでも一週間、運動の時間にゴミ拾いを行いました。

 

 ゴミ拾い週間のイベントは去年も行っています。こどもたちは一人一本ゴミ拾いバサミを持ち、職員がゴミ袋を持って出かけました。

 

 こどもプラス周辺の道を歩きながら拾ったのですが、向かう道中は以前行った交通安全教室のことを思い返しながら向かうことができました。

 

 

 

 最初は「ごみ拾いなんてやりたくなーい!」と言っていたお子さんも、「こんなの拾った!」とか「こんなところでこんなの捨ててさー!!」と夢中になって拾うことができました。

 

 

 

 運動中の時間を使ってのゴミ拾いなので30分ほどではありますが、こどもプラス近辺の道はだいぶきれいになりました。

 

 

 

 2年目のゴミ拾い週間でしたが、昨年の経験があるお子さんはこれが終われば遊ぶことができるという見通しを持ったり、初めてのお子さんはごみをどのくらい拾えるのかをなんとなく友達と競ってみたり、個々に楽しみを見出して活動に参加する姿が見られました。

 

 

 

 こどもプラスとしてなかなか地域交流や地域の行事に参加する機会が少ないのが現状ですが少しでも地域の中でできることを増やして参加して行きたいと思います。