お風呂遊び(おうちで運動遊び)

運動指導で保育園にお伺いすると、水に顔をつけられない子、プールに入れない子が多くなってきているように感じます。

 

考えられる要因には、顔が濡れる感覚が苦手だったり、温度が苦手だったり色々と考えられ、水遊びや泥遊びの経験をしてきたことが少ない事も、よく見られます。

 

 

 

そこで、毎日入るお風呂で、できる水遊びをご紹介したいと思います。

 

・空気ポコポコ遊び

 

 用意するもの:桶

 

 桶を逆さにして、お湯に沈めます。そして、一気に反転すると桶に溜まっていた空気が、ボコんと出てきます。上がってきた空気で、お湯が膨れ上がり音も出るので、お湯の動きや音で楽しめる遊びになります。

 

 

 

 この遊びは、手でもできる遊びになります。両手でおにぎりを作るように、手を合わせ手の中は空間を作り、合わせている手は隙間が無いように握ります。

 

 そして、お湯に両手を沈めてから開くと桶と同じ遊びができます。

 

 隙間を作らないよう手を合わせる事は、とても難しく力加減や、手の中に空 間を作るイメージ力に繋がります。

 

 まずは、大人が作り出てきた空気を子どもがキャッチする遊びをし、お 子さんも手の中に空気を溜めることができるようになったら、少しずつ空気 を逃がして、どちらが長く空気を出すことがきるか競える遊びにもなります。

 

 

 

・お風呂でクラゲ遊び

 

 用意するもの:タオル

 

 タオルをお湯に浮かべて、両手で、○を作り、タオルを下から、少し持ち上

 

 げます。すると浮いた部分に空気が入るので、空気が逃げないようにタオル

 

 を囲むように握るとクラゲの完成になります。

 

 

 

 この作業の中では、空気を逃がさないための握る力やタオルのどこへ空気を

 

 入れるかイメージする力が養えます。

 

 最初は難しいので、大人が、まずクラゲを作ってあげて、子どもは、クラ

 

 ゲの空気をつぶして出す「クラゲ退治」ゲームとして遊ぶのも楽しいです。

 

 

 

 また、クラゲをつぶそうと目で追うビジョントレーニングや握るための奥行

 

 きや指先の感覚にも繋がる遊びになります。

 

 

 

公共施設の温泉で、桶やタオルを沈めるのは好ましくないですが、お家のお風呂の中で、一緒に遊ぶことで、お風呂が大好きになったりお水遊びが好きになったりします。親子のふれあい遊びに繋がりますので、ぜひ遊んでみてください♪