高原学習事前体験(放課後等デイサービス)

先日のイベントは、高原学習事前体験でした。5年生で行われる学校行事を事前に体験する事で、不安を取り除き自信を持って望めるように計画したものです。
今回は、火おこしがメインで、今まで経験した事のある、中・高校生の指示に従いながら火を扱い、起こした火で野菜や肉類を焼いて食べる事にしました。

火をおこすのは、マッチを用いましたが、もちろん経験がどの子もなく、手取り足取り教わっていました。
火がつくと、「怖かった〜」と言うA君。
怖いという思いと、火がある事で食事の準備ができるということの両方を同時に肌で感じる事ができたようです。

また、火を消さないように自然と火の周りに集まり、うちわで仰ぎ、炭をいれるなど自主的に行っていました。
今回は、4年生以上だった事と、中・高校生の指示に従う事で、素直に教わる姿が多く見られ、団体行動ができていました。

焼いて食べる時も、お友達に気遣い、「ここで焼いていい?」「これあげる。」など、出てくる会話がとても心地よく周りを気にかけている
事がわかりました。

周りの人やその場の雰囲気を感じる事が苦手なお子さん達の特徴も、今回は、あまり感じる事がなくまとまりのある活動でした。

今後、教わったお子さん達が、次は教える側にまわって、この活動が続いていけるように計画していきます。