ベイブレード大会2(放課後等デイサービス

春休みのイベントの一つ、ベイブレード大会が行われました。

参加したお子さんを二つに分けてそれぞれリーグ戦を行い、上位二名を決勝トーナメント選出し、四人で優勝目指して戦うというルールにしました。
また、頑張った証として賞状を用意しました。優勝、準優勝、特別賞です。
さらに、優勝者には、トロフィーも準備し、特別感を出しました。

初めて、ベイブレードをするお子さんもいるので勝敗ルールも、こどもプラスルールをつくる事にしました。
実際のベイブレードの試合ルールを基本とし、参加した誰もが楽しく飽きずに過ごすことができるかを主とし職員で色々と相談して決めました。

大会当日は、名前とエントリーナンバーの入ったカードも配り、大会に参加している感じを出して、ルールに沿って始めました。
練習場所と試合をする場所を分かりやすく仕切っておいた為、ほかの人に邪魔をされることなく気持ち良く戦うこともできました。

一人五回戦えるリーグ戦では、続けて試合をすることもありますが、休む時間もある為、練習場所では、色々な場面がありました。
初めてのお子さんは、まず、回るようにひたすら練習し、回るようになったお子さんは、勝つためにベイの組み合わせを工夫するなど飽きるどころかすっかり、ベイブレードに集中し虜になっていました。
試合も回数を重ねていくごとに上手になり見ていてハラハラ、ドキドキするいい試合が沢山ありました。


特別賞をもらったA君は、地域で開催されるベイブレード大会に実際にでたこともあるお子さんです。
試合結果も、3位と上位に入りました。
試合中では、「スリーツーワン、ゴーシュート」と言いながらベイを回しますが一番声が出ていて気合いが入っているのが伺えました。
試合を盛り上げていてくれたことや、大会前より研究に研究を重ねた努力を称え選ばれました。
しかし、優勝者のトロフィーがとても印象的だったのでしょう。
「特別賞にもトロフィーが欲しかった」と素直な気持ちを言ってくれました。

上位に入ったお子さんも、そうでないとお子さんも、今回の第1回ベイブレード大会で優勝すればトロフィーが貰えるという事が分かり、「今度はあれを目指して」や「もらってみたい」などの目標も出てきたようです。
早くも、「第2回はいつやるの?」と聞いてくるお子さんもいます。

今回のイベント、ベイブレードは、回す事に慣れてくればルールも分かりやすい為、年齢問わず誰でも参加しやすいので良かったと思いました。
また、単純に「誰が一番長く回っていられるか」など、タイムレースにしても面白かったです。
今後は、大会に出なかったお子さんにも機会を設け、お子さん同士の関わりを広げつつ、ベイブレード大会が継続していけるように工夫していきます。