小学校入学へ向けて(児童発達支援・放課後等デイサービス)

児童発達支援利用のAさんは3歳からこどもプラスを利用し、この春小学生になります。

 

昨年児童発達支援を利用して昨年4月に小学生になったBさんとは仲良しで、利用時間

 

が重なるわずかな時間に遊ぶことを楽しみにしています。

 

昨年小学校に入学する準備としてBさんの小学校へAさんも頻繁に一緒に遊びに行き、

 

Bさんの学校の先生とも親しくなりました。

 

AさんはBさんとは別の学校へ入学予定です。Bさんは学校へは登校するものの、人がこわくてなかなか教室に入っていかれません。そこでBさんの学校の先生からBさんが楽しいイメージを持って登校できるように、とAさんと一緒にまた学校へ来ませんか、とお誘いがきました。

 

先日は学校休業日でしたが、学校からのお誘いもあったので約1年ぶりにBさんの学校へAさんも一緒に行ってきました。

 

 

 

 昨年のBさんは「自分が行く学校」という意識はありましたが、まだ警戒していて、職員やAさんしかいない場所だとおんぶをしたがったり、手をつないで歩いたりすることが多かったのですが、今年は先頭に立ってこっちだよ、と

 

案内をしてくれ、Aさんにも「廊下は走っちゃだめなんだよ」と教えてくれる姿がありました。

 

また、Aさんも昨年は自由奔放に遊んでばかりだったのが、Bさんを気にしながら、一緒に歩きたがったり、Bさんが跳び箱を跳ぶとAさんも跳び箱を飛びたがったり、小学生になったBさんを真似する場面が多く見られました。

 

 

 

 体育館ではBさんの担任の先生と、教頭先生も一緒に遊んで下さり、AさんもBさんも飛びきりの笑顔で遊んでいました。 AさんにとってBさんが楽しく先生方と遊ぶ様子を見て学校は楽しいところ、やさしい先生がいるところ、というイメージが持てたと思います。また、BさんもAさんと一緒に久しぶりに学校で遊ぶことができ、学校での楽しい思い出が一つ増え、新学期、楽しいイメージを持って登校できればと思います。