避難訓練週間3(放課後等デイサービス)

避難訓練最終日、週に数回登所があるお子さんによってはすでに1,2回訓練を経験したお子さんも多い中、出発前に再度、今回の避難訓練のめあては《避難場所への行き方を覚えること》と話しました。また、場所によって道が狭くなるところについては1列になって歩くこと、歩く順番も予め決めておき、ホワイトボードに書いたものを見せ話しました。

 

 

 

 最終日の23日月曜日はちょうど台風により、丸子地区については学級閉鎖になっていたこともあり、コンビニで買い物を済ませ帰る車内ではAくんは「台風が来たから避難したんじゃないのか~」という会話もあり、そんな気持ちで参加してくれていながらも落ち着いてみんなで歩くことができたことに感心しました。

 

 

 

 子供同士で歩く際もお友達の手を引いて歩いてくれるお子さん、歩きながら後ろの人の歩くペースに気を配ってくれるお子さんもました。お子さん同士でペアを組んで歩いていくことで年長のお子さんが「しっかりしなきゃ!」という意識を持って歩くこともできたようです。また、職員は今回車をコンビニに用意するため少ない人数で歩いていました。

 

普段手厚く職員がかかわっていたのが、少人数で沢山のお子さんたちを連れて歩くという実際の状況で起こりうる場面を体験することができました。

 

 

 

毎回の訓練では職員間で危ない場面やよかったことなどを出し合っています。今回はおまけのおやつ購入のイベントがとても良かった、ということでまた別のイベントでも企画して考えて行きたいと思います。