学校行事(放課後等デイサービス)

この時期の学校行事といえば、運動会や音楽会です。

 運動会のお子さん達は、真夏よりは、涼しくなっているとはいえ、まだ陽射しが強い日もあり練習も大変だと思います。
 身体を動かすことは、体力向上に繋がるとは思いますが、真面目に練習を積むお子さんの中には、頑張り過ぎて疲れがたまってしまっている事があります。
 A君もその一人で、ダンスを完璧に踊りたいがゆえに、家でも、こどもプラスでも、曲をかけ練習しています。
「もう、完璧にできているね」と声をかけるのですが、汗をかきながら「もう一回」と言って曲をかけなおします。
楽しく笑顔もみせながら踊っているので見守っていましたが、踊った後の疲労感が心配でした。
 以前よりは、学校行事の際のいつもと違う日課や雰囲気にも慣れてきたA君ですが、勝ち意識が高いことやピストルの音や流れる曲などの大きな音やたくさんのお友達がいることで気持ちも高ぶりブレーキがかかりにくくなっているようにも感じます。
 意識して休ませてあげる事で、もう少し先の運動会当日を楽しんでもらいたいと思います。
 そして将来自分から適度な休憩をとることができるような自己調整力を身につけてもらいたいと願っています。
 また、音楽会を控えているB君は、毎日、リコーダーの練習をしています。
久しぶりに聴き、「前よりはっきりとした音が出るようになったね。」と言うと、コクリとうなずき、また、繰り返し吹いて聴かせてくれました。
 しかし、リコーダー練習の前に漢字の宿題をしていた時は、「漢字は覚えられるけど、リコーダーは、覚えられない」とポソッとつぶやき、自信がないことを言っていました。
 それでも、リコーダーの練習をしようと送迎の車内でも吹いていきました。
B
君には、あまり得意でないことでも頑張ろうとしている姿勢を認めてあげ当日は、自信をもって演奏してもらいたいと思います。

 秋の行事は、それぞれですが、以前よりも成長しているお子さん達を応援していきます。