自由活動を有意義に過ごすこと(放課後等デイサービス)

放課後等デイサービスを利用のお子さんたちの夏休み後の平日の利用はとても短いです。

 

こどもプラス上田事業所では、宿題、おやつ、自由活動を行なった後に1630分から運動を行なって自由活動になります。運動前におやつが終わったお子さんは自由活動も出来ます。

 

 16時下校のお子さんたちの自由活動は運動後の17時過ぎから帰る前の15分程度しかありません。

 

 木曜日に登所するお子さんたちは特に16時下校が多く、自由活動の時間が少ないのですが、こどもプラスベテランのAくんは遊ぶ時間を少しでもとれるように考えて活動をしていることがよく分かります。

 

 

 

 家でできる宿題は家でやる、おやつはかえりの車の中で食べる、運動までの時間を考えてすぐに手洗いうがいを済ませる、運動までの時間が少ないと、パソコンで画像検索をして、短時間で楽しめることを考える。時間がある日は職員を誘ってボール遊びや外でキャッチボールを行なう。(事前に遊びたい職員に予約をとる。)

 

 

 

 その日その時間にできることを考えて柔軟に遊びを考えることができているAくんはこどもプラスでのグッドモデルです。

 

 通い始めた当初は遊び足りなくて「帰りたくない!」と帰りの車に乗らないということもありました。宿題もやりたくなくて机の下にもぐることもあったAくんですが、活動の流れに慣れ、見通しを持つことができれば限られた時間の中でも自分で考えて楽しもうとする姿が見られます。

 

 小学校の高学年になったAくんはこれからどんどんこどもプラスでの活動時間は短くなります。先日はこどもプラスで過ごすAくんより年上のお兄さん、お姉さんの姿を見ながら近い将来の自分と重ねながら、「中学生になったらもっと遊べなくなるって分かっている。」と言っていました。

 

 Aくんが見てきたお兄さんお姉さんのようにAくんもまたこどもプラスのお兄さんとして下の学年のお子さんのお手本でいられるように短い時間で有意義に過ごすことができる支援を考えていきたいです。