着替える習慣(放課後等デイサービス)

こどもプラスでは、出入り口で下足を下駄箱にいれると、室内では、上履きではなく靴下や裸足で過ごしています。

ある日、A君は汗で靴下が湿っぽかったので、シャワーで足を洗い、靴下を置き着替えの中から選び履きかえる事にしました。
まず、シャワーで足を簡単に洗おうとしましたが、「あ~!気持ちいい~」と言い、じっとシャワーの水をあてていました。
タオルで足を拭いて新しい靴下を履くときは、「気持ちよかった!」と言ったあと、「これで、遊べる!」とすっきりしたのか元気に二階のプレイルームに駆け上りました。
履きかえる前は、ちょっと面倒くさそうでしたが足を洗って気持ち良くなり、気持ちも体も元気になったようです。

これからの季節は、暑さの為、汗をかいて帰ってくることが多くなります。
A
君のように、新しい靴下に履きかえることで気持ちも爽やかになります。
着ているものが汗などで濡れ気持ち悪いと感じ着替える習慣をつけることで清潔感も身につくと思います。
また、清潔感を身につけることで周りの人との関係を良くすることにも繋がると思います。
A
君のように、他のお子さんにも「気持ちいい!」を身体で感じ、着替えの習慣を身につけていかれるよう支援していきます。