同性、同年代のお友達との関わり(放課後等デイサービス)

 こどもプラス利用のAさんは水曜日と金曜日に利用している女の子です。水曜日も金曜日も人数が多い日なのですが、同年代の女の子がいない曜日で、毎回の登所では職員を相手に遊ぶことが多かったのですが、4月にたまたま登所の曜日を変更し、Bさんと同じになることがありました。

 

BさんはAさんよりも2学年下の女の子で、誰とでもすぐに仲良く遊ぶことが出来るお子さんです。

 

 最初は緊張し、Bさんから自己紹介をしに言ったのですが、小声で「一緒にあそぼうね。」と声をかけたBさんに「うん。」とうなずくAさんも少し緊張が見られました。

 

 

 

 5月から本格的に曜日の変更を行なって毎週金曜日にはAさんとBさんが登所することになりました。

 

 とくにゴールデンウィーク中はイベントで外出していてもずっと二人で遊ぶ姿が見られ、微笑ましいです。

 

 

 

 男の子が多いこどもプラスですが、なかなか女の子同士で遊ぶということが少なかったAさんにとって、同性で同年代のお友達との遊びは楽しいようです。時々、Bさんのペースに巻き込まれ、疲れないか職員も間に入って、Aさん、Bさんともが楽しく遊ぶことが出来るように支援していこうと思います。