ドッジビー(運動遊び)

「ドッジボール」のルールでボールは「フリスビー」を使います。

 

 

 

 

 

丸いボールとは異なり、フリスビーなので円盤状になっているので投げるため手首のひねりも必要になります。

 

ただ腕だけで投げても上手く跳びません。

 

フリスビーを「立て投げ」「横投げ」にして跳ばすと変則的な動きになるので良く見ていないと避けられません。こどもプラスの子どもたちは普段から運動遊びの中で転がしドッジボールをしているのでドッジビーをしてもとても上手に投げたり避けたりしています。

 

また転がすのと違い、投げるのでより空間認知の力や跳んでいく方向や軌道をイメージする力が養えます。色々な大きさ・形のボールに親しむことで、ものによって持ち方や力加減の調節が上手になります。楽しんで遊んでいければと思います。