こっそり会議大作戦(運動遊び)

色鬼や高鬼のような遊びになります。鬼は1人、逃げる人は4~5人のチームです。

 

例えば「マット(赤・青・黄・緑色の4)の上だけ」と、逃げることができる場所を指定します。逃げるチームは、鬼に聞こえない様に友達同士何色のマットへ逃げるか相談します。何色のマットに逃げるか決まったら鬼の合図で決めたマットまで逃げるという遊びです。逃げている途中鬼にタッチされたら鬼を交代します。

 

 

 

この遊びは、鬼に聞かれない様に、いかに声を小さくできるかという調整力,友達とのコミュニケーション能力,どこに何色のマットがあるか空間認知の力などが求められます。最近は、場所によって大きい声、小さい声を出すことが難しいお子さんが増えています。それは、テレビなどのメディアの影響も少なからずあり、テレビ上で声を小さく話しているシーンでもテレビの音力は一定なので、これが小さい声なのか・・・と覚えてしまう事があります。

 

また、身体機能から見ると胸筋や背筋がないと肺が充分に膨らまず呼吸が浅くなってしまいます。すると、声を出す時も力が入らず声が小さくなってしまう反対に力み過ぎて声が大きくなってしまうという事があります。

 

 

 

声の強弱の遊びにもなっているので遊んでみてはいかがでしょうか?