受験シーズン(放課後等デイサービス)

こどもプラスをご利用のお子さんたちの中には今年中学3年生のお子さんたちがいます。

 

こどもプラス上田事業所を開所して初期のメンバーで、個々に進路は異なりますが、受験のシーズンを迎えています。

 

 

 

 AさんBさんは養護学校の高等部の入学選考がありました。二人とも入学許可をもらうまで、緊張した様子でいましたが入学が決まった日に登所があったAさんはニコニコ顔で登所してくれました。

 

 職員みんなに「おめでとう」と言われ嬉しそうにしていましたが、その日に至るまでは緊張やストレスを発散できるようにこどもプラスで目一杯運動したり、選考日の前は体調を整えるために登所を控えたり、万全で臨めるように職員も配慮してきました。

 

 

 

 先日はCさんが前期入試でした。Cさんも入試前は入試に向けて、志望動機や、将来の夢を職員も一緒に考えたり、面接でも言えるように文を書き出したりして準備してきました。ビジョントレーニングや作文の練習など、こどもプラスへ登所すると遊ぶ時間がほとんどない中、よく頑張ったと思います。

 

 入試が終わったその日はストレスを発散するように宿題をなしにして、自由活動を目一杯楽しみ、運動も最初から参加し、久しぶりにCさんの満面の笑顔を見ることが出来ました。

 

 

 

 進学、進級の時期を控え、他のお子さんたちも次の学年に向けてナーバスになりがちな時期ですが、ストレス発散や、環境が変化する中でこどもプラスは変わらずに来ることが出来る場所として安心できる場所にしていきます。