自発的に行う自由遊び(放課後等デイサービス)

週3日放課後デイサービス利用のAくんは工作が大好きなお子さんです。

戦隊ものが大好きで変身ベルトをよく作ったりして自由時間を過ごしています。
昨年はよく太めの針金を使ってメガネを作っていました。
メガネの作り方は、職員のメガネをお手本に、定規で図ることもなくフリーハンドで、メガネのパーツを作っていきます。レンズの部分はプラスチックを使い、全てのパーツが出来上がるとそれぞれセロハンテープで張り付けていきます。
メガネの耳にかかるパーツの所はちゃんと折り畳めるようにセロハンテープをつけていました。
出来上がると、Aくんが実際に自分の顔につけてみて、微調整をしていくのですが、フリーハンドで作っているとは思えないほどAくんの顔の大きさにあっていてその完成度に感心しています。
何度かAくんの作ったメガネを見せてもらいましたが、どれもとても上手にできていてAくんに似合っていました。


 
ある時、Aくんをお迎えに行った車の中での会話で、
Aくんは、メガネを作るのが上手だから将来はメガネ職人かな?」
と職員が訪ねると、
A
くん「メガネ職人って?」
職員「メガネを作る人だよ」
A
くん「僕はバスの運転手になりたい!」
   「でもまた変わるかもしれないけどね。」
と満面の笑顔で教えてくれました。
A
くんの将来の夢がどう変わっていくかわかりませんが、応援していきたいです。
   

 

 小学校もいよいよ三学期が始まりました。
こどもプラスでは、運動遊びを主軸としていますが自由遊びも大切にしています。自発的に行う自由遊びは、大人の言うPDCAサイクルそのものだからです。

 

今年も子供達の趣味や特技を伸ばし、達成した喜びを共有し、将来の夢に向かって秘めた可能性をどんどん引き出せていけるよう支援していきたいです。