しっぽとり(運動遊び)

放課後等デイサービス利用のお子さん達が行う運動あそびに、最近、新しく「しっぽとり」を運動メニューに加えてみました。

しっぽとりは、ルールも簡単で、何をしたらよいか分かりやすく結果がはっきり見える為、お子さん達もすぐに受け入れ楽しく行うことができました。
しっぽとりの前には、大型絵本で色々な動物のしっぽをみて、各々しっぽのイメージをもって参加できるようにしてみました。

しっぽは、長さも色も違うタオルを2種類用意し好きなタオルを選んでもらいました。職員が長さを調節する事もありましたが、簡単に取られないように短くウサギのしっぽのように長さを調節するお子さんもいました。
また、追いかける時には、走って追いかけるのはもちろんですが、中には、猫のように四つん這いになって追いかけるお子さんの姿もありました。

A君は、運動あそび中の待ち時間に、何をしたらよいか分からない時などに、ウロウロしてしまう事がありますが、しっぽとりは、ルールが分かりやすく、スリルがあって楽しいようで声をあげて逃げ回っていました。
また、追いかける時も「捕まえちゃうぞ~」「まて~」というかのように手を出しながら追いかけていました。
上手く言葉を発することができないA君が「楽しい」を自然と身体で表現していたように思います。また、小さいお友達とペアになったA君が、しっぽをつけて逃げる時には、取られないように逃げ回っていたのですが、途中、取る事ができないお友達を気遣い、スピードを緩めしっぽをお友達の目の前に分かるように出し、取りやすいようにしてくれたのです。
A君自身が場の状況を判断し、態度で現してくれた瞬間でした。
日頃、A君に合わせてくれるお友達をみてきましたが、A君も小さいお友達に合わせる事ができるお兄さん的存在を発見しました。

運動あそびのメニューを一つとっても、曜日や、関わるお友達によっても雰囲気が違ってきます。
1つ1つの言葉や身体の動き、表現を見逃さずに新たな発見をしてよりよい支援につなげていきたいと思います。