職員研修「ヒヤリハット」

12月の職員研修ではヒヤリハットの見直しを行いました。

 

日頃感じていた、《ここをこうしたらいいのに》という具体的な案を職員で共有し、新たに決めたことがあります。

 

いくつかのグループに分かれて具体的な場面の写真をもとに話し合っていったのですが、どのグループでも共通して出たことの一つには、駐車場内での遊びでした。これまで遊び足りない子どもさんについては駐車場内で戦いごっこなどを職員が付いて行うこともありましたが、日が落ちるのも早くなると、車の出入りがあり、危ないのではないか、という意見が出されました。

 

 そこで、「運動後の17時以降は外では遊びません」ということを決まりとし、なるべく駐車場で遊ばないように運動前の時間は近くの神社や史跡公園へ行って遊ぶことにしました。

 

 

 

 毎回の研修では研修計画に基づいてその月ごとで内容が異なりますが、普段の支援の中での気付きや、ヒヤリハットについての情報を職員間で共有することは重要です。今後も定期的に危ないと感じた場面について意見交換をし、その環境を改善できる手立てを考え、安全にお預かりできるようにしていきます。